和装

心を打つ、「和」。
着物を身にまとうと、なぜこんなにも静かな澄んだ気持ちになるのでしょうか。
長い 長い歴史がそうさせるのでしょうか。
日本の伝統を未来へと語り継ぐ、そんな人になりたいものですね。

イメージ
イメージ

白無垢

主に神前挙式の花嫁の正礼装です。
花嫁スタイルの定番となったのは明治になってからですが、白い色は、身の清らかさを表す色で“どんな色にも染まります(嫁ぎ先の家風に染まります)”という意味が込められています。
打掛・掛下・帯・小物までを白でまとめるのが本来のスタイルです。
裏地や掛下に赤やパステルカラーを用いたり、銀糸で刺繍を施した打掛・光によって表情が変わる打掛など、個性的にアレンジする花嫁も増えています。

色打掛

白無垢からお色直しとして華やかに装う為の2着目の正礼装が“色打掛”。
古くは娘時代の色と言われる“赤(朱)”に縁起が良いとされる吉祥文様が一般的でしたが、最近では自分に合った色使いや柄、ドレス感覚で着こなしのできるオーガンジーやビーズ・スパンコールなどを使った打掛もご用意しております。
扇子の代わりにブーケを持っても素敵ですね!!
ヘアースタイルも文金高島田(お鬘)を使わない洋髪に、生花や髪飾りをつけるなどのスタイルにも出来ます。

引振袖

江戸時代、庶民の花嫁衣裳と言えば“振袖”。
神前式や披露宴にも着られ、着物の裾を長く曳いた“お引きずり”と言われるクラシカルなスタイルの着こなしが人気。
黒地の着物に赤(朱)や白・金などの鮮やかな色模様の着物から総模様のレトロ調な着物など、スタイルも様々です。
打掛と違い、“振袖”の様に着物の上から華やかな帯を結び、箱せこ・かい剣などの小物が加わります。

紋服

黒紋服は男子の和装の正礼服で、花婿だけではなく、どなたでもお召しいただけます。
羽二重の長着と言われる黒い着物に角帯、羽二重に5つ紋付きの羽織を羽織紐で結び、仙台で織られている仙台平の袴をはきます。
羽二重のほかに、刺し子(黒・白・紺・グレー等)の羽織や肩衣。鶴菱・暈しなどの袴でお2人のコーディネートを楽しんでください。

▲トップページへ